茨木の野鳥たち 2


茨木とその周辺で見られる野鳥の観察日記です。
by fssk2
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
以前の記事
フォロー中のブログ
検索

オオムシクイ?の地鳴き・・・

台風の接近に伴い、雨も降り始めた。一日中ヒマなので、一昨日(9/28)アップした「メボソムシクイの地鳴き・・・その2」に追記した(昨日)後を受けて、そのへんの鳥さんのことを調べてみた。

初めに、9月28日に録音したオオムシクイ(2羽)と思われる地鳴き・・・
2012/09/28 録音/撮影

次にその声紋・・・上下2段の帯になっているが、下は虫の鳴き声・・・
6 & 7kHzあたりを中心に縦長の帯域を持つ鳴き声である。
d0224421_15214483.jpg

比較用に、春の渡り時のメボソムシクイの声紋・・・音源はこちら・・・
d0224421_15321936.jpg

素人考えなので、本当にオオムシクイなのかどうかは分からないが、タグはオオムシクイにしておく。音声に関しては9月28日にアップしたものの方が分かりやすい。

ところで、コムシクイ(Phylloscopus borealis - Arctic Warbler)の鳴き声が知りたくて、海外のサイトを調べてみた。検索してみると、こちらにどっさりあった。秋の渡り時に少数、渡っているそうだが、こんな地鳴きだとたぶん分からないだろう。

日本の図鑑類を見てみると、メボソムシクイに上記の学名 - 英名が付いている。また、その分布図で、シベリア一体が繁殖域として塗られているが、これはコムシクイのものと思われる。そんなことも、今回の改訂で変わるのだろう。ちなみに・・・
メボソムシクイはPhylloscopus xanthodryas - Japanese Leaf Warbler
オオムシクイはPhylloscopus examinandus - Kamchatka Leaf Warbler
・・・とこちらのサイトで教わった。どちらも限られた地域の鳥・・・という感じである。

そのままコメボソムシクイでも、何ならカムチャッカメボソムシクイ(長すぎるか)でも良さそうなものだが、オオムシクイという名が過去に付けられていたようで、そうもいかないのだろう。



<10/2 備忘のための追記>

(1) メボソ類の和名の変更・・・
(亜種)コメボサムシクイ → コムシクイ
(亜種)メボソムシクイ → メボソムシクイ
無視されていた?(亜種)オオムシクイ → オオムシクイ

(2) 鳴き声の観点から言えば・・・
(亜種)コメボサムシクイ → オオムシクイ

(3) 秋、渡り始めるのはいつ頃なのか?
■ ほぼ日本で繁殖するメボソはセンダイ同様、早い時期に渡り始めるのでは・・・?
■ それ以降、聞かれる地鳴きは千島、カムチャッカで繁殖するオオムシクイでは・・・?
■ メボソとオオムシクイ、どちらも聞かれる可能性があるのは9月中旬あたりか?
■ その時期には声紋も必要・・・
■ コムシクイの地鳴き?
[PR]
by fssk2 | 2012-09-30 14:56 | 鳴き声
メボソムシクイの地鳴き・・・その2 >>


カテゴリ
その他のジャンル